• 残響時間測定

◇残響(音の響き)
室内で音が響きすぎると会話の明瞭性が損なわれるだけでなく、喧騒感も大きくなるため、利用目的ごと最適な残響室が望まれます。

◇残響時間
室内の残響の程度を表す量で、音源が停止してから音圧レベルが60dB減衰するのに要する時間(単位は秒)です。

◇室の形状
面積が大きい平行面や凹曲面で構成される室では、フラッターエコーや音の焦点などの音響障害が発生しやすく、
これらの形状を避けることが望ましいといえます。